がんと愛犬と私

がんサバイバーという生き方

実家の捨て活⑤

3泊4日の実家生活を終え、自分の部屋に帰ってきた。

前回ほどの精神的な疲労感はないものの、やっぱり自分の部屋がホッとする。

私は布団が変わると眠りが浅くなりやすい上に、更年期障害によると思われる早朝覚醒も加わり変な時間に起きてしまう。

昨夜はブログを書いてすぐに寝て、2時前に一度目が覚めてトイレに行き、4時頃から眠りが浅くなり、4時半には起きてしまった。たぶん今夜は爆睡。

 

前回と比べて母は捨てることに対してだいぶ免疫がついた様子だった。

何かを捨て始める時は後々ぶつぶつ言われないために必ず一言声をかけるようにしているが、先週までは不服そうな表情をしていたのが今回は「もうお任せ。」と言うようになった。

それだけでもだいぶ捨てるのに罪悪感が軽減された。私としても母の物を捨てるのには多少なりとも抵抗がある。

半同居生活が本格的に始まってから片付けようと思っていた母の聖域・キッチン。実際に立ってみるとあちこち掃除が行き届いていないのに気付いた。

 

・シンク内に黒いカビ汚れ

・あらゆる戸棚が手垢で黒く、べたついている

・整理されていないタッパーや調理用具

・大量に保管されている割りばしやストロー         などなど。

 

見た感じ引き出し内は長いこと掃除されていないように思えた。

今回は早めに予定していた片付けが済んだので、冷蔵庫と食器棚の扉を拭き掃除して、タッパー類を整理した。

拭き掃除中に食器棚の扉に購入時の保護シートが貼られたままになっているのに気付いた。汚れが付くからとそのままにしたのだろうけど、端が浮いてそこに汚れが溜まり余計に小汚い。

拭き掃除に夢中になりすぎてビフォーアフター写真を撮り忘れたのが悔やまれる。

 

タッパー類は全出ししたらこんな状態。

 

 

使っている物もあるのでもっと数は多い。下の方で何年も使われていなさそうなものは破棄。それ以外は同じものを重ねるなどして収納し直した。ここは再見直しが必要。

 

コンロのスイッチもレンジもべたべたが気になったけれど今回はそこまでやれる時間はなかった。続きはまた次回。

 

明日はプラごみと金属回収と資源回収がある。プラごみ3袋、金属類段ボール1個、シーツや毛布類5袋、紙ごみ2袋、潰してまとめた段ボール20個以上。兄と姪がわかるように玄関にまとめてきた。これでも先週と今週で出たゴミ袋1/3程度。先はまだまだ長い。

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

実家生活最終日

今日は午前中にセミナー、帰り道で買い物に寄り、帰ってきて夕食の支度・家中の掃除をしてあっという間に夜。もう目を開けていられないほど眠い。

今回もたくさん思うことはあったけれど、母もだいぶ片付けすることに諦めがついてきた印象。

私自身も実家での物の場所や家事の回し方に慣れてきて前回よりは精神的に楽だった。

明日、一旦自分の家に帰る。

 

昨日1つ書き忘れた衝撃的だったこと。

大量に保管されていた紙袋の中に2017年と書かれたケーキの箱があった。何に使うつもりだったのか。気づかなかっただけで、7年前にすでにそういう傾向があったのかもしれない。

 

実家の捨て活④

実家生活2日目。

午前中に玄関横の収納の片付け。

 

ここには非常用品から花瓶・入院セットなど雑多なものが入っている。一度全出しして中身を確認した。

 

まず花瓶や置物などが20点近くと貰い物の絵画などが7点ほど。

母に確認してもらい、花瓶などは半分弱まで減らし、絵画はすべて処分となった。

 

非常用品の飲料水はすべて数年単位で賞味期限切れ。先週、食品棚を片付けたときも同じように期限切れの水が出てきたが、母は「非常時にトイレを流すときに使える!」と言い張ったので、赤字で「トイレ用」と書き取って置くことにした。間違えて飲んでしまうことを避けたいので本当は捨てたい。

 

非常用の食品類もほぼすべてが賞味期限切れ、もしくは1年以内に賞味期限を迎えることが判明。賞味期限を書いたメモが出てきたので、当初は管理しようとしていたのだと思う。数年単位で期限切れの物は破棄、1年以内の物は消費していくことにした。先週で免疫がついたのか、期限切れの物を捨てることに母もすんなり納得してくれた。2年ほど期限が過ぎた缶詰の中身は・・・ご想像にお任せする。

ここは早めに手を付けられてよかったと思った。

 

衝撃だったのは、もう亡くなって20年近く経つ祖父母の物が保管されていたこと。2人とも晩年は施設に入所しており、お箸・エプロン・コップなどが入院セットから出てきた。母に見せたら「こんなの取ってあったんだねぇ。」と言っていたので、当の本人も忘れていたようだ。もちろんすべて処分。おそらく家を建て直してから、この収納の中身はほとんど確認していなかったのだろう。

 

ここまでですでにおなかいっぱいな感じだったけれど、姪が頑張れるというので午後からは大量の紙袋・包装紙・ビニール袋・緩衝材を仕分けした。

 

これらの物はキッチン横の5段引き出し・物置部屋の物の隙間や収納引き出しの中、棚の上の段ボールなど、あちこちに散らばって保管されていた。

全出しした結果がこちら。

 

左はビニール類 右は紙類

 

全て捨てるとまたため込む可能性があったので、キッチン横の引き出しに収まる量を残して他はすべて破棄した。

ビニールは45Lゴミ袋に詰めに詰めて1袋で済んだが、紙類は重さもあり、分けて入れたので45Lゴミ袋2袋半になった。

 

夕食時、母が「うちは物が多すぎるのよ。親戚の家を片付けたときのもあるから。」と言い放った。それを持ち帰ったのは誰だよと内心ツッコミつつ、姪と顔を見合わせてスルーしておいた。

 

今回の実家生活で予定していた片付けはこれで終了。明日あさっては買い出しや掃除などをする予定だが、セミナーもあるのであまりがんばり過ぎないようにしようと思っている。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

実家の捨て活③

今日から再び実家生活。1日目は穏やかに過ぎてくれた。

今日は

・汚れたままのキッチン用のファンヒーター清掃

・粗大ごみの申し込み

など予定していたことを済ませることができた。

 

粗大ごみの話をしていたら、別部屋で母が使っていたファンヒーターが断線していて捨ててほしいと言ってきた。いつから?なんで捨てないの?とツッコみたくなる気持ちを抑えてそれも捨てる物を集めている部屋に持って行った。

 

粗大ごみは

布団・・・4組

電気毛布・・・2枚

座布団・・・5枚

ござ・・・1枚

電気カーペット・・・1枚

これにプラスして大量のシーツや毛布類が一緒に押し入れに入っていた。

 

今日、実家にきて布団を出すのが楽すぎて驚いた。

今までは圧縮袋に入った布団の山から自分の使いたいものを引っ張り出すのが大変だった。季節の変わり目になると掛布団を探すのも一苦労。何ならちょっとした雪崩に巻き込まれる。

 

前回、実家から自分の部屋に帰って片付ける時も、物の住所が決まっているのでものすごく楽だった。

「物が少ないってこんなに楽なんだな。」と改めて感じた。

母も「管理するものが少ないと楽」ということに気付いてくれると片付けがしやすいけれど、まぁ急には無理だよねとまだ余裕があるので思える。

今回はいつまでこれを維持できるか・・・。

 

母は家事命だったし、家族の世話をすること=生きがいだった。このまま家事をしないでじっとしていると認知症になるのではと前回来たときに心配になった。また咽ることも増えたという。

なので今回はネットから嚥下体操と脳トレ問題を印刷して持ってきた。そしたら父と2人して「あれは解けた?」「これはわかったよ。」などと楽しそうにやっていた。ちなみに一番盛り上がったのは穴埋め漢字と難読漢字。

もっと嫌がるかと思っていたのに意外。楽しんでくれるとやっぱりうれしい。次回は別の物を持ってこよう。

 

明日は今回の山場、玄関横の収納を片付ける予定。姪も日曜日だから手伝うと言ってくれている。穏やかに捨て活できることを願う。

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

気が滅入ってます

明日から再び実家生活が始まる。正直言ってめちゃくちゃ気が重い。

 

tamozo24.hatenablog.com

 

今週末は兄が出張で不在のため、私が行かないと家事から両親の対応まで全部の負担が姪に行く。

いくら何でもそれはかわいそうなので行くことにしたが、怒涛のスケジュール。

 

土:実家へ

日:片付け

月:仕事関係のセミナー

火:自分の家に戻る

水:母の整形受診付き添い

木:認定調査立ち合い

 

木曜日まで実家に泊まれば楽なのだが、たぶん私が発狂しそうなので水木は通いにした。

家事のやり方は把握できているので動きやすいと思う。家全体も掃除してあるので前回よりは楽だろう。

捨て活も自分の物ならバンバン捨てられるし楽しい。

でも小さい頃からの刷り込みなのか、やっぱり母の顔色を窺ったり、どんな反応するかを想像してしまったりする。

だから捨てることに集中できないし、労力が倍以上になってしまうのだ。

 

先週も食パンの袋を留めているプラスチックのクリップを父が「これどうするんだ。」と言ってきた。受け取って捨てるつもりだったが、母が「使うから取って置いて。」と言ってきた。隣にいた姪が何か言いたげだったけれど、「わかったよ。」と返事をして受け取ったクリップをケースに入れ古い物をこっそり捨てた。

こうやって変な気を回すから疲れるのか。だからと言ってすべてこちらの判断で捨てるとさらにめんどくさくなりそうな気がしてできない。

 

食品棚を整理した時も埃をかぶったおぼんが大2枚、小5枚出てきた。兄が「もう使わないだろ。」と言ったのだが、母は大小1枚ずつ残した。コルセットがないと動きがままならないのにどうやってお盆を使うのかと思った。「大きいのも使う?」と言ったらものすごい勢いで、「大きいのもないと大勢お客さんが来たときにないと困る!」と怒ったので綺麗に拭いて戸棚の1番上に仕舞った。

たぶん目につかなければ存在すら忘れていくだろう。

 

その割に兄が前の家から持ってきた複数枚あるエコバックは「あれも捨てないと。」と言う。基準がよくわからない。

 

でも母なりに少し物を減らそうとする姿勢は見られている。不要な書類をシュレッダーにかけてほしいと持ってきたり、古いガラケーを捨ててと言ってきたり、シーツ類が入れられたゴミ袋の上にいらないカットソーが1枚のせられていたり。

動くなー!と言いたくなるけれど、自分で動いて骨折部位がつぶれてしまうのは自己責任なので仕方ないと割り切るようにしている。

 

ブログに書いたら少し気持ちが落ち着いてきた。

あまりブログにネガティブなことを書きたくないと思っていたけれど、母に関してだけは無理そう。

みなさん、スターや優しい声をかけてくださり、いつも本当にありがとうございます。

落ち着くまでは愚痴が多くなると思いますが、よろしくお願いします<(_ _)>

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

日常が戻ってきた

実家に片付けに行き、昨日は定期受診に行き、やっと今日は落ち着いて家のことができた。

午前中に洗濯を2回行い、買い出しにドラストへ行って、ハーブの植え替えをした。

 

パクチールッコラ
ビーリーフとバジル

先週末、実家に帰った時はケースごと紙袋に入れて一緒に帰省。

朝晩しっかり水をあげたら一気に育ち、持ち歩くのも大変なので植え替えることにした。

問題は実家に行っている間の水やり。

天気の良い日が続いたらさすがに水なしではしおれてしまう。

せっかく発芽して育ってくれているので、土に刺して使う自動給水機でも導入しようかと思ったら、レビューがあまり良くなく、しかもうちにはペットボトルが全くない。

実家なら山のようにあったけど(笑)

何かないかと探していたら、保水剤というものを見つけた。

 

 

土に混ぜ込んで水をやるとポリマーが水を吸い、乾くと徐々に水分が滲みだしてくるらしい。

へー!!世の中にはまだまだ知らない商品がたくさんある。

これから先、週半分は実家に行くことになるので、今年は野菜も無理かなぁと思っていた。

でもこれがあれば大丈夫かもしれない。

さっそくポチっておいた。

 

 

昨日もなんだかんだで忙しなかったので、今日は大好きな河川敷コースを1時間ほどかけてゆっくりと散歩した。

 

 

クン活に励むわんこを見ながらいろいろなことが思い浮かぶ。

 

実家から自分の部屋に戻って思うことは、やっぱり1人が一番気楽。

自分のペースで動けるし、誰にも文句は言われない。ホッとできる。

何で母はああなのか。動けないことを受け入れないからかと思ったり。

自分ががんになった時、辛かったし受け入れるまでは時間も必要だった。

でも誰かに八つ当たりみたいなことはしなかったよなとか。

 

そんなことを考えていると、それを見透かしてかわんこが何かを拾い食いする。

そのおかげで考え事のループから現実に引き戻される。

 

わかっててやってる?

「何が?」

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

 

202404 定期受診

今日はがんの定期受診だった。

新しい主治医

主治医の転勤に伴い、今日から担当医変更。主治医が変わるのは3回目。

手術を執刀してくれた医師が転勤すると聞いた時はショックだったけれど、勤務医の転勤は仕方ないことだしだいぶ慣れた。

新しい主治医の印象

執刀医      新担当医     前の医師        

ハキハキ   2人のちょうど中間   物腰柔らか

 

採血結果

採血の結果は前回とほぼ変わりなく、腫瘍マーカーも気になっていた腎機能も横ばいだった。

更年期症状

前回の受診後、ホルモン剤をやめてからの経過を伝えた。

 

tamozo24.hatenablog.com

 

tamozo24.hatenablog.com

 

・関係あるか不明だが2週間ぐらいお腹の調子が悪かった

早朝覚醒

・ホットフラッシュ

・めまい

など日常生活に支障はないものの、不快な症状があると伝えると、おそらく更年期障害だろうと。まあそうですよね。

漢方薬を飲んで様子をみることになった。

加味逍遙散

処方されたのは加味逍遙散。

薬局でもらった薬の説明書によると

更年期障害や自律神経失調に伴う不安、不眠、いらいらなどの症状と肩こり、頭痛、頭重、めまい、上半身の熱感、下半身の冷えなどの症状をやわらげる薬です。

(中略)

月経、妊娠、更年期など女性のホルモンの変動にともなってあらわれる症状をやわらげる薬です。

前半に書かれていることはまんま私の症状で笑える。

これを毎食前1包ずつ内服する。

主治医には「2週間はがんばって飲んでね。あと、今話題の小林製薬のエクオールっていうサプリもけっこう効くよ。」と言われた。

次回の受診まで6週間あるので、もし加味逍遙散の効きがいまいちだったら追加で飲んでも良いということだろう。

漢方薬は飲み続けていないと効果が出ないのでまずは内服してみるしかない。

 

 

帰りにショッピングモールに寄ろうとバス停1つ分歩いたら暑くて暑くて。日陰側を選んで歩いたのに、着いたら額から汗が噴き出してきた。

効くといいなぁと思いつつ、加味逍遙散を内服。

 

お昼ご飯は受診後ルーティン化しつつあるサブウェイ。

今日はアボカドサラダチキン
1口食べてから写真を撮り忘れていることに気付いた

私は必ずピクルス追加。

ボリュームがあっておいしかった。

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ